ウォータースポットについて

こんにちは。MSB水なし洗車ビジネスの日野です。

ウォータースポットはご存知ですか。

車のボディやガラス部分につく↓のようなシミです。

ウォータースポットが出来てしまうと、通常の洗車では落とせなくなってしまします。

せっかくの新車でもウォータースポットが出来てしまうと美しさが半減し、がっかりしてしまいますよね。

これは、ボディについた水滴が乾燥し、水滴に含まれるカルシウム分やケイ素などがボディに固着してしまった場合に発生します。

よく風呂場の鏡や蛇口にうろこ状の模様がついているのと同じです。

風呂場では、激落ちくんのようなメラミンスポンジなどで強く表面を擦るとキレイになるのですが、車ボディ表面は同じように対応すると、塗装がキズつき、キズが目立つようになってしまいますので、使用できません。

市販の除去剤も販売しているのですが、実際は魔法のようにキレイにすべて除去できるわけではないですし、施工過程でやはりキズができてしまうケースが多い為、お勧めできません。

こうなってしまったら、コーティング専門店などで、ポリッシャーをかけて磨いてもらうのが最も美しく元に戻ります。

しかし、お値段もやはりそれなりに高額になりますので、ウォータースポットを作らないことが肝要です。

ウォータースポットを作らないコツは以下の通りです。

  1. 出来る限り撥水系のコーティングやワックスを使用せず、親水系や疎水系のコーティングをする。
  2. 水道水をボディにかけてそのままにしない。
  3. マメに洗車する。

1について、撥水系のコーティングやワックスはボディに水滴を残します。水滴が蒸発することでウォータースポットが出来ますので、親水系や疎水系のように水がボディに残りにくいコーティングを使用すると良いと思います。

2について、水道水は雨水に比べて圧倒的にカルシウム分やその他ミネラル分を多く含みます。これが蒸発すると、ボディに固着するので、洗車などで水道水をかけたら、必ず水滴を拭き取ってください。

3について洗車はマメにすることです。汚れがこびりつく前に洗車することでいつまでも美しい塗装面を保つことができます。洗車の際には水滴を完全に拭き取ることを忘れないでください。

 

洗車の頻度についてはこちらの記事で解説しています。一緒にご覧ください。

 

以上、ウォータースポットについてでした。

 

 

 

起業するなら低リスクで資格が必要無いビジネスをお探しの方へ

まずは、水なし洗車ビジネス起業するための無料レポートをご覧下さい。